Cart Close
Cart is currently empty
Total

Shipping costs will be calculated in the next step.

Please Login Go to cart
voltar
.Media / News

AMOP Synergies、アジタゲダで着想を受けたアーバン・ファーニチャーの新しいコンセプトを創造

31 jul 2019
AMOP Synergies、アジタゲダで着想を受けたアーバン・ファーニチャーの新しいコンセプトを創造
AMOP Synergies、アジタゲダで着想を受けたアーバン・ファーニチャーの新しいコンセプトを創造

1973年創立のAmop Synergiesはアーバン・ファーニチャー、コーティングや舗装を専門としており、売上のうち4分の1近くを国際市場が占めています。現在同社は、50名以上の協力者を擁しています。

AMOPはIMPACT PLANとコラボして、公共空間に活気と着想をもたらすべく、アンブレラ・プロジェクトと呼ばれる都市型の楽しい芸術の新規家具プロジェクト、アンブレラ・プロジェクトを開発しました。

AMOPのフェルナンド・マルケス管理人により、このプロジェクトにより「アゲダ市で毎年開催される芸術フェスティバルであるアジタゲダに2012年に登場し、アゲダ市の象徴の一つとして市内に散らばった『カラフルな雨傘』を設置した『アンブレラ・スカイ・プロジェクト』の芸術展示の認知」が生まれたということです。

パトリシア・クーニャ・アートディレクターの下でImpact Planが制作したこの作品は、情的・感覚的デザインによる違いと価値を生みだす戦略に特化しており、「世界で最も陰鬱な場所に彩りを添えて活気づけ、人に最も近いブランドとなり、アートへのアクセスを民主化する」という使命を追求しています。

これらの願望が出会うことで、アーバン・ファーニチャーのプロジェクトである最新のアンブレラ・プロジェクトが生まれました。ここでは、アゲダの「雨の帽子」のデザインや象徴するものを追及し、地域社会での生活においてアートが占める役割を認識します。

質の高い形状と建設的な製品に集中したデザイン戦略により、都市空間で不可欠な判断基準である高い耐久性、抵抗性、メンテナンスが不要であるといったことに特徴づけられるコンクリート、木材や鉄鋼といった素材が使用されました。

設置が簡単で、Amopの建築用コンクリート自体の重量で安定します。2019年アジタゲダで予定された発売に合わせて新しい要素は、影やベンチ、花壇、ゴミ箱や灰皿など、さまざまな機能を果たします。

素材は全て、アゲダにあるAmop工業団地で開発・制作され、訪問者が楽しみ安らげるよう、イベントの開催場所に設置されました。この新しいファーニチャー・コレクションには、「活気と保護を公共空間に届け、同時に幻想の世界に私たちを連れてゆくシンプルなアイデア」が体現されています!

1973年創立のAmop Synergiesはアーバン・ファーニチャー、コーティングや舗装を専門としており、売上のうち4分の1近くを国際市場が占めています。現在同社は、50名以上の協力者を擁しています。

 

Read this .More news
11 ago 2021
13 ago 2021
05 mai 2021